事業者ローン

資金繰りに困ったら。

私は3年ほど前に脱サラして飲食店の経営をしています。

 

脱サラして飲食店を始めた場合、3年以内につぶれる割合は90%とも言われているんですが、どうにか3年経った今でもやっていけてます。

事業者ローン|個人事業主・自営業者でも借りれるローン会社

 

しかし、毎月大変です。忙し時もあれば閑古鳥が鳴いている時も・・・。

 

ヒマな時はとことんヒマになってしまい、赤字になる月もあります。そうなると困るのが毎月の支払いです。

 

家賃や材料費、従業員・アルバイトへの給料など、どう考えても支払いが足りない事があります。。。

 

支払いを滞るわけにもいきません。このように資金繰りに困った時には、事業者ローンでお金を借りて支払いするようにしています。

 

私のように、個人経営者の場合は融資を受けづらい立場なんですが、下記のローン会社からなら融資も受けれる事が出来ましたよ(^^)/

 

無担保で借入れする事ができ、金利も低金利設定となているので助かります。ローンカードを作っておけば困った時にすぐ借りる事も出来ますしね。

 

どうしても個人経営や自営業の場合は、資金繰りが難しいですよね。私の場合は、毎月安定した収支じゃないので本当に大変です(*_*)

 

そんな困った時にすぐ借入できる事業者ローンはとても便利で助けられています。
そこで、下記に個人経営・自営業の方でも利用可能ローン会社を紹介しておきますね。ネット上で簡単に申込みできますよ。

 

 

お勧め事業者ローン会社

 

ビジネクスト

ビジネクスト

 

ビジネクストの事業者ローンであれば、法人・個人経営者の方でも無担保で繰り返し借入する事が出来ます。
使用用途も事業資金の範囲内でご自由に利用する事が出来ますよ。
最高融資額1000万円と高額融資になっているので、いざという時にも助かりますね。
ネットで簡単に申込みでき、来店不要で借入できるので、まずはネット上から申込みしてみてください。

 

 

≫ビジネクスト申込みはこちらから

 

 

ORIX クラブカード

ORIX

 

ORIXのカードローン、「オリックス クラブカード」もお勧めです。事業主・経営者の方専用のローンカードとなっています。
担保・保証人も不要で利用する事が出来ますよ。運転資金やつなぎ資金などの確保が出来ない…万が一の時に備え、ローンカードを作っておけば安心ですね。(入会金・年会費は無料)
資金繰りの不安がある方は、カードを作っておけば安心ですね。パソコン・スマホからも簡単に申込み出来ますよ。

 

 

≫ORIX クラブカード申込みはこちらから

 

 

アコム

アコム

 

消費者金融で借りたい場合は、アコムの利用もお勧めです。CMなどでもお馴染みですよね。アコムのカードローンも自営業・個人事業主の方の利用が可能となっています。
アコムは対応がスピーディーなので、急ぎの時でも即日に借入する事が出来ますよ。急ぎでお金が必要な場合は、まずはアコムに申込みしてみるのがいいでしょう。

 

 

≫アコム申込みはこちらから

 

 

個人事業主の厳しさ

銀行からの融資を受けにくい

 

個人事業主で一番最初に出くわす悩みはやはりお金の問題ではないでしょうか。

 

事業開始後すぐに黒字がでまくる人には関係ないでしょうが。そうでない方には、よっぽど自己資金がある場合を除いては、すぐに直面する問題ではないでしょうか?。

 

@銀行からの融資を受けにくい
Aクレジットカードの審査が通りにくい
B仕入れ時、前払いもしくは、商品到着後すぐの現金入金を依頼される

 

商売が大きくなるにつれ、Bが一番に切迫する問題です。仕入れ量を増やすということは、それなりの現金が必要になってきます。

 

すぐに販売して現金化できる飲食店のような商売ならいいのですが、それなりの在庫を持ちながら販売する形態の場合、黒字なのに、キャッシュフローが回らなくなってしまいます。

 

その上、商品を商社等へ卸している場合は、末締めの翌月末払いを言われたりします。最悪、現金を回収できるのが60日後だったりと、売掛上は優秀なのにお金がないという状態に陥りかねません。

 

で、最初に考えるのが銀行等への運用資金の融資です。ただ、個人事業主の場合は運用資金の融資は非常におりにくいんです。

 

このような事で困っている方は多いんではないでしょうか?私も今まで何回もお金の問題で悩んだことがあります。銀行は厳しく、なかなか貸してくれませんからね。。。

 

 

 

 

どこの事業者ローンを利用する?

 

事業者ローンというと、一体どのような使い道があるのでしょうか?事業資金に充てる人がほとんどでしょうね。ではどのようなところで借りることができるのでしょうか?

 

今までが銀行に相談をして事業者ローンを組むことが多かったように思いますが、最近では銀行だけでなく、カードローンや消費者金融までもが事業者ローンを展開しているのです。あなたはいろいろな選択肢の中からローンを組む会社を選び、契約すればいいのです。実に便利な時代になりました。

 

さて、事業者ローンでも気になるのは、総量規制というものです。この総量規制、なんだか知っていますか?詳しくは後述しますが、事業者ローンはこの総量規制の対象外なのです。それはなぜなのでしょうか?

 

このように、事業者ローンも多彩化しています。借りるのは事業主であるあなたです。必要なものをよく確認して借りるようにしましょう。では実際に何が必要なものになるのでしょうか?それもよく確認していきましょう。後で足りなくて借りることが出来なかったでは遅いですから。

 

事業者ローンも多くの会社が返済方法を一定額支払うスライド式リボルビング払いを採用しています。これはどのような返済方法なのでしょうか?またメリットデメリットはどのような場合でしょうか?

 

今までは消費者金融などでは事業者は借りることができませんでした。でも時代は変わったのです。今は消費者金融やカードローンも事業者ローンにも力を入れています。

 

事業主であっても個人は個人、会社の屋号を背負って借りるだけのことなのです。あなたにとって最適なローン会社をよく吟味してみてください。銀行があっているかもしれませんし、小口でいいのなら諸費者金融やカードローンでも十分かと思います。

 

このように、事業者ローンでも様々なので、あなたに合ったローン会社を利用するようにしましょう。